fc2ブログ

The Second 9.11 “Circle Wind” Memorial Concert Is Coming Soon! 

The second annual 9.11 “Circle Wind” Memorial Concert will be held at New York Society for Ethical Culture (NYSEC) Concert Hall on September 11, 2009. Once again we will welcome a number of music artists who are active in New York City.

This concert is planned in dedication to the 9.11 victims and performed in front of their families. Some of them are coming from Japan. The second concert this year will be held at NYSEC in midtown Manhattan right west of Central Park. The hall is well known as a venue with superb sound effect. Again we should be able to enjoy a variety of professional music that will be performed by both US and Japanese artists. Some of the Japanese artists, a flutist, Ms. Fukui and a reggae singer, Miki Baby, are coming from Japan. A baritone soloist, Mr. Lawrence Craig, will perform this year again. A popular rock guitarist/singer, Peter Baron, and a barbershop style quartet consisted of members from Blue Chip Barbershop Chorus in NJ are newly joining this year. In addition to above American artists, we will enjoy performances by a Japanese jazz pianist, a violinist and a gospel choir in Harlem.
A song “I am with you still” which is composed by a victim’s father will be sung by the gospel choir “Cocolo” in a gospel style arrangement.

September 11 is a special day for those who live in New York. This is a concert where we can share the moment and enjoy some beautiful and peaceful music with some of the victim’s families. We look forward to seeing you there at 7.00pm on 9.11.

More information: (212)661-3767 or (201)264-5825
http://kazenowa911.blog6.fc2.com
Ticket : $10.-
Online Purchase : www.SQMUS.com

2009concert.Eng.flyer

第二回 9.11風の環メモリアルコンサートの開催について 

今年で二回目となる9.11風の環メモリアルコンサートは2009年9月11日(金曜日)午後7時から(開場6時半)64丁目のNew York Society of Ethical Cultureで開かれることになりました。今年もニューヨークで活躍しているアーティストが多数参加されます。

このコンサートは2001年の同時多発テロで犠牲になった日本人を悼み、ご遺族の方々を
日本からお招きして昨年からニューヨークで開かれているものです。二回目となった今年は音響が優れていると定評のあるミッドタウンのEthical Cultureのコンサートホールに場所を移して開催されます。出演するアーティストはNY在住組としては日本人女性を中心に活躍しているハーレムのゴスペルクワイアーの「ココロ」、ピアニストの山形花子さん、ジャズピアノの後藤小百合さん、バイオリニストの多治比純子さん、そしてバリトン歌手のローレンス・クレイグ氏など。日本からは、若手フルート奏者として活躍している福井恵利子さんやレゲエのシンガーとして第一線で活躍しているMiki Babyさん等が参加する予定です。さらにNew Jerseyのバーバーショップコーラスグループのメンバーで組織するカルテットも加わる予定で、去年にもまして多彩な顔ぶれが出そろうことになります。

また昨年はご遺族の1人が作曲した「I am with you still」を地元の男声合唱団が歌いましたが、今年は上記ココロがゴスペル風に編曲して歌う予定です。さらにご遺族の住山マリさんはデュオのメンバーとしてご主人が作曲した「レクイエム」をピアノ演奏されることになっています。
今年も日本から何組かのご遺族がNYにいらっしゃる予定でこのコンサートにも参加されます。
ニューヨークに住むものにとって9.11は特別な日です。この貴重な時を日本からのご遺族と一緒に美しい音楽を楽しみたいと思います。入場料は10ドルです。多数のご来場をお待ちしています。

2009Memorialflyer

9.11「風の環」メモリアルコンサート
音楽監督 白田 正樹
Mike.s@maitake.com
9.11 メモリアル風の環コンサート ブログ
(201)264-5825
チケットのお求めはwww.SQMUS.com


2nd Concert Will Be At NYSEC Concert Hall ! 

2009 Concert Will Be At NSEC Auditorium!

2nd annual concert of 911 Kazenowa (Circle Wind) Memorial Concert is now decided to be held at New York Society of Ethical Culture, Concert Hall. It is in a historic building built in 1910 and renovated in 2003. The New Yorker magazine once praised the hall as "The best home for chamber music in the area with warm, full acoustics". It is also well known as a venue for choir music due to the superb sound effect. I still remember that New York Men's Choir used to have its annual concerts at this auditorium in every winter, and gave a fantastic harmony to audiences with its 50+ male voices. It is expected again this year that a number of active music artists from Japan and New York will be participating to this concert and their professional performances are now assured at this venue. It is located at the heart of upper west side of NYC, right next to Central Park and just off one block from Lincoln Center. Convenient to all transportation and parking.

NYECホール

NYSECホール2


2009年コンサート会場はNSECコンサートホールに決定!

第二回となる今年の9.11風の環メモリアルコンサートは NY Ethical Cultureコンサートホールでの開催が決まった。このホールは1910年に建造された歴史的な建物の中にあり、2003年に修築されている。かつて「ニューヨーカー」誌が“その暖かい音響から室内楽ではNYではこの会場に勝る所はない”と絶賛したほどである。この会場は合唱にも向いている。昔、NY男声合唱団が毎年冬に定期演奏会をここでやっていた。50人を越す男声のハーモニーはまさに圧巻だったのをよく覚えている。
今年もこのコンサートには地元ニューヨークのみならず日本からも多数の音楽家が駆けつける予定だがこの会場での演奏が本当に楽しみだ。
このホールはセントラルパークのすぐ西隣りでリンカーンセンターから1ブロックのところにあり、まさにマンハッタンのウェストサイドの心臓部に位置している。交通も便利で近くに駐車場も多い。

Invitation to 2009 "Circle Wind"Memorial Concert 

[911テロ事件]

2001年9月11日全世界を震撼させる事件がニューヨークで起こりました。アメリカ同時多発テロです。3,000人以上が犠牲になり、日本人の犠牲者も24人に上りました。NYで暮らす私どもにとってこの日は忘れなれない日であり忘れてはならない日です。皆さんはその時どこにおられ何をされていましたか?日本でも大きく報道されたと思います。何処にいらしたにしても皆さんそれぞれ“その時”がまるでドラマのように鮮明に記憶に残っているのではないでしょうか。

でもあれから8年の歳月が経とうとしています。毎年“その日”になるとNYのあちこちでいろいろなイベントが行われています。当初は厳粛に犠牲になられた方々の死を悼み冥福を祈る気持ちで始められたものであるはずですが、年々それが形骸化されてしまう傾向も見受けられます。

[ご遺族の一人が作曲された“千の風”]

御遺族の一人に当時富士銀行に勤められていたご子息を9.11で失くされた住山一貞さんという方がおられます。 もともと、音楽に造詣の深い方ですが、息子さんを失くされてからはご自分の“想い”を作曲に托されるようになりました。やはり9.11でお子さんを失くされたアメリカ人の作った詩にメロディを付けたり合唱曲を作曲したりされています。そのうちの一曲が「千の風になって(A Thousand Wind)」です。Native American(作者不詳)の詩に新井満氏が作曲した「千の風になって」は日本ではあまりにも有名ですが、2002年9月11日の一周年追悼式の際、犠牲者(WTCのレストランのシェフでした)のお嬢さん(Brittany Clarkさん、当時11歳)がこの詩を朗読し人々の心を打ちました。彼女はこの時、原詩を少し変えて朗読しています。即ち “Do not cry before my graveyard”の部分を “I am with you still”と読み替えたのです。大半の犠牲者の遺体が発見されていない状況で “Graveyard” という言葉はあまりに重く受け入れがたいものだったのでしょう。Brittanyさんは I am with you still. . . .と読んだ時「父親の声を聞く様だった」と話しています。

住山さんはこのBrittanyさんが朗読した詩に共鳴され(住山さんのご子息の遺体も発見されていません)この詩に曲を付けられました。新井満氏作曲の朗々と歌われる「千の風」と違って、住山さんの「千の風」は8分の6拍子の軽快に流れるリズムにのって悲しみをさらりと歌い上げた名曲です。私はこの曲の持つ“祈り”“希望”そして“力強さ”に感動しました。合唱を愛する仲間たちと住山御夫妻の前で歌ってあげたいと思いました。そして犠牲者を心から悼み、ご遺族の悲しみに心を致す、小さくてもいい、立派でなくてもいい、しかし心に残るメモリアルコンサートを開催することを企画させていただきました。

[第一回 メモリアル 風の環コンサート]

この呼びかけにNYで活躍するたくさんの音楽家の方々に賛同していただきました。なんと15人ものプロのアーティストが会場であるダウンタウンの小学校に駆けつけてくれたのです。勿論皆さんボランティアです。ソプラノソロ、バリトンソロ、ピアノ、バイオリン、ジャズ、沖縄三線、ゴスペル、等々、実に多彩な顔ぶれでバラエティーに富んだ楽しいコンサートになりました。勿論、住山さん作曲の「千の風」もご本人の前で男声合唱で披露することが出来ました。

[第二回コンサートへのお誘い] 

私たちはこのコンサートを一回で終わらせるのではなく今後も続けていきたいと考えています。継続していくことに大きな意義があると考えているからです。そしてNYだけでなく世界中の音楽を愛するたくさんの仲間に集まってほしいと考えています。プロ、アマを問いません。ご出演に興味のある方はご一報ください。お一人(一グループ)10分程度での演奏時間ということ以外に特に制約はございません( ただし、時間の関係で全員の方々に御主演いただけない場合もありますので予めご了承ください)。また、実際にステージに上る演奏家だけでなく、会場に足を運んでいただける方もお誘いしています。去年はたくさんの方に集まっていただきました。今年はもっと大勢の方に聴きに来て頂いて、9.11の“その日”にここNYでご遺族の皆様と共に素晴らしい音楽に浸っていただきたいと思います。


平成21年2月3日

9.11メモリアル 風の環コンサート
音楽監督 
白田 正樹
Mike.s@hotmail.co.jp


[The Tragedy of 911]

It happened right here in New York - a terrible incident that shook the world. More than 3,000 people died and 24 Japnese victims were among them. That day, September 11, is not forgettable for most people living in NY city. In fact, it should not be forgotten. Where were you then? What were you doing? Wherever you were or whatever you were doing at that moment, this must be something that remains in your heart vividly just like a drama.

Now several years have passed. A variety of events are held in New York on this day every year. These events must have been held, at least at the first few years, for the purpose of praying for the victim's souls in peace. However, some events seem becoming routine ceremonies or even like festivals.

["A Thousand Winds" Composed by A Victim's Father]

I happened to know Mr. Kazusada Sumiyama who lost his son in the 911 incident. Mr.Sumiyama likes music and he started composing songs expressing his grief and his passion in them. He also put some melodies to lyrics written by an American who also lost his child in the tragedy. One of Mr. Sumiyama's masterpieces is "A Thousand Winds". A song "A Thousand Winds" composed by Mr. Man Arai is already well known in Japan. Mr.Arai tranlated a poem written by a native American (anonymous) into Japanese and put a melody on it. At the one-year anniversary of the 911 tragedy in 2002, Ms. Brittany Clark, a 11 years old daughter of a victim (who was a chef of a retaurent in WTC), read the poem. People attended the ceremony were so moved by her reading especially when she changed an original phrase of "Do not cry before my graveyard" to "I am with you still". The word "graveyard" must have been something intolerable for her in a situation that her father's body was never found yet. Ms. Brittany mentioned later "I felt I heard my father's voice when I was reading the line.
Mr.Sumiyama had a great sympathy with her reading as his son's body was not found, either, and decided to compose a song based on the slightly modifed poem. Unlike Arai's "A Thousand Winds", Sumiyama's "I Am With You Still" is rhythmic and swinging in six-eight time. I was moved by the piece as I felt "a prayer", "a hope" and "a strong message" there. That is why I planned this concert. I wanted to sing Mr.Sumiyama's "I Am With You Still" with my colleagues in men's choir hopefully in front of Mr.& Mrs. Sumiyama. Concert does not have to be gorgeous. It can be small and simple. All I want is a serene and healing moment and space with music that could be shared with the victoim's families on that day.

[The First "Circle Wind" Memorial Concert in 2008]

More than 15 professional artists and musicians in NY area ( and a J-pop singer from Japan) participated in the first concert that was held in the evening of September 11, 2008 at an auditorium of an elementary school downtown New York. They were all volunteers. The concert was filled with a variety of live music, such as jazz, gospels, piano, violin, classic vocals (soprano & baritone solo), standard vocals and men's choir. Mr. Sumiyama's "I Am With You Still" was sung by a male choir at the end of the concert before him.

[The 2nd "Circle Wind" Memorial Concert in 2009]

We don't think that this concert should be an one-time event. We believe that this should go on every year. We see a great significance in continuing it. We would welcome people who love music not only in NY but from all of the world. It doesn't matter if you are professional or amateur. No special restrictions on your performance as long as it is appropriate to this concert. Your performance may be limited to about 10 minutes. However, it is only 2.5 hours concert with 15 minute intermission and we may have to decline your participation if we were fortunate to have had enough artists for the 2.5 hour performance.
We would also welcome volunteers to help us manage and support the concert. It would make a big difference to make the concert significant. The success of the concert should really depend on your deep compassion on the 911 tragedy as well as your love to music.

February 3, 2009

Mike Shirota
Music Director, "Circle Wind" Memorial Concert
mike.s@hotmail.co.jp