スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Japan/US Reconciliation Concert Celebrates 70th Anniversary Since Ending Pacific War ! 

Gala Concert Successfully Done on Pearl Harbor Day !

Click the photo to adjust it to full size.
2015 MSO 3 10th Anniv Gala Reconciliation Concert 026

2015 MSO 5 10th Anniv Gala Reconciliation Concert 032

2015 MSO 6 10th Anniv Gala Reconciliation Concert 033

2016 MSO 2 10th Anniv Gala Reconciliation Concert 019



2015 Manhattan Sym poster (low res)
Manhattan Symphonie Orchestra and Choir TOMO

パールハーバー記念日に戦後70周年コンサート !

Manhattan Symphonie Orchestra (MSO) will perform its 10th anniversary concert with Japan Choral Harmony "TOMO" under the baton of founding director, Maestro Gregory Singer. This year marks the 70th anniversary since ending the Pacific War and the concert will also celebrate the memorable and historical "reconciliation" as well as the close, firm and enjoyable relationship established between the two nations over the last 70 years.

MSO has enjoyed a vibrant collaboration with JCH "TOMO" for the last several years, particularly at the annual 9.11 Circle Wind Memorial Concert that has been organized by TOMO's director, Mike Shirota, and has been hosted by the choir for the last 4 years. Maestro Singer states "We are very fortunate and honored that TOMO will join us for the very special occasion of MSO."
Mike Shirota, Music Director of TOMO says " This is very significant as it is held on Pearl Harbor Remembrance Day. It is the most uncomfortable day for Japanese living in the USA, and vice versa , August 6 (Hiroshima) and 9th (Nagasaki) are the days that American people living in Japan must have the similar feelings. However, we both understand and have accepted what happened 70-74 years ago between the two countries without distorting the history and criticizing each other. Now we are in a matured relationship with a strong alliance in every respect that can be proud of to the rest of the world."

Online ticket available at : http://jch-tomo.org


マンハッタン・シンフォニー交響楽団と邦人合唱団Japan Choral Harmony "TOMO"は合同で12月7日にコンサートを行う。今年は所謂太平洋戦争(大東亜戦争)が終結して70周年にあたるが、コンサートは戦後70年に亘って両国が築いてきた友好関係と歴史的な協調、融和の精神を祝福する意味合いを込める。

日時: 12月7日(月)、午後7時(開場6:30)
場所: Ethical Culture Concert Hall, 2 West 64th Street
チケット: 10ドル

マンハッタン・シンフォニー交響楽団はここ数年合唱団「とも」と積極的なコラボレーションを行ってきたが、特に「とも」が例年ホストを務める9.11テロ犠牲者のための9.11風の環コンサートにも常連として参加してきた。交響楽団の指揮者で創始者でもあるグレゴリーシンガー氏は「楽団の10周年記念コンサートを日米協調の特別な機会に日本の合唱団「とも」と一緒に祝うことが出来るのは素晴らしいことであり光栄だ。」と述べている。 一方、「とも」の創始者で音楽監督の白田正樹氏は「アメリカに住む日本人にとってパールハーバー記念日は一年でもっとも肩身の狭い日だ。同様に日本に住むアメリカ人にとっては、8月6日(広島)と9日(長崎)は複雑な心境にかられる日だろう。しかし両国は過去の歴史をいたずらに歪曲したり非難し合ったりすることなく、冷静に受け入れ理解してきた。そして今あらゆる分野で切っても切れない「同盟関係」にあり、世界の模範となる「大人の関係」と言えるだろう。それを確認し祝福する合同コンサートは意義深い」と強調している。

コンサートでは、グレゴリーシンガー氏が世界平和の想いを込めて作曲した数々のオリジナル曲を披露する。合唱団「とも」は長崎出身で被爆者二世の福山雅治が歌ってヒットした「クスノキ」を白田正樹氏が混声四部に編曲、そしてカッチーニのアヴェ・マリアを臨場感あふれるオーケストラの伴奏で歌い上げる。さらにフォーレの「パヴァーヌ」やシベリウスの「フィンランディア」などを合同で演奏する予定だ。

主催: NPO 9.11風の環コンサート
共催: Japan Choral Harmony "TOMO"
チケット: http://jchi-tomo.org から

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazenowa911.blog6.fc2.com/tb.php/141-dcb914fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。